レンジャーに乗り出してからずっと気になっていたオーディオの
音質改善すべくスピーカー交換をしました。

気になっていた内容は
①低音を強調すると音割れする事

②高音がクリアに聞こえない

③全体的に籠った様な音

トラックに音質を求める事が間違いと言われればそれまでですが

一番長く乗る車両であり少しでも快適に過ごしたいと思うのです。

前置きが長くなりましたが早速交換実施。

今回用意したのはカロッツエリアのTS-G1010Fという商品です。

今回はリーズナブルなこれを装着。

レンジャーはダッシュボードにスピーカーが付いているので作業は簡単。
スピーカーのカバーは車両前方側を上方向に引っ張ると簡単に外れます。

カバーを外すとビス2本外すとスピーカーが外れます。

純正品との比較です。

コーンの厚さなど全然違いました。

純正の配線はそのまま接続できないので簡単に配線を作りました。

購入したスピーカーに付属していた配線の先に平端子を圧着し

車体側のコネクタにそのまま差し込みました。

端子直挿しなのでショート、抜け防止にビニールテープで固定。

配線の+-は純正スピーカーの端子を見ればわかります。

ここまで出来たら後はねじ止めして完成です。

カバーを付けたら気を付けて見ないと交換したかわかりません。

交換後試聴してみると低音割れは少し良くなった程度であまり変化なし。

音質をいじって音割れがギリギリ気にならなく低音を感じられる様にしました。

スピーカーの取付もビス2本なので振動による音割れなども考えられるので今後の課題とします。

中音、高音域は明らかにクリアになり非常に聞きやすい音質になりました。

ケチらずセパレートタイプを購入すれば良かったかな?と少し後悔している事は秘密です。

Tags

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

カレンダー
2024年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930