Mダックス モカ ヘルニア、血栓症

モカとチョコ

10月10日 我が家の愛犬Mダックスのモカが突然歩かなくなりました。
後足が全く動かなくなり麻痺していました。
掛かり付けの病院が休みだったので別の病院に連れて行きました。
状況から見るとヘルニアの可能性が高いとの事。
元々他の病気もあり薬も飲んでいる為ちゃんとした検査は
掛かり付けの病院で診てもらった方が良いとの事。
その日の夜、足が凄く冷たくなっている事に気づいて
翌日掛かり付けの病院でその事も話しました。
犬では少ないが血栓症の可能性もあるので、大学の
獣医学部で診て貰うに事に。予約が取れたのが翌週17日。
それまでは痛み止めの座薬だけで介護状態。

寝たきり状態

当日朝受付し先ずは検査の為の麻酔が出来るかなどの検査。
血液検査、レントゲンなどを実施。
結果の説明が11時頃。高齢(15才)と元々の病気(腸内ポリープ)の
影響で通常よりはリスクが高いとの事。
リスクはあっても検査をしないと何も判らないので
検査をして貰う事に。
検査内容はMRI,CT,直腸カメラなど結果説明は17時頃からでした。
ヘルニア、血栓症、腸内ポリープ(大きくなってました)
内臓機能も一部低下、炎症など色々悪いようです。
ヘルニアもあるが今回の麻痺が血栓症が主原因の可能性が
高いと考えられる様です。外科治療は他要因から
リスクが高すぎる様で血流改善を期待しつつ先ずはポリープの
改善をしてからとの事。ポリープの薬を違う種類に変えて
様子を見る事になりました。
血栓症については当初、足が冷たくなっていた時から比べると
足が少し温かくなっており血流に改善が見られている可能性が
ある為マッサージとリハビリをし様子見。
検査当日から翌日は水も飲まず何も食べずよだれを垂らし
そのまま逝ってしまうのではとかなり焦りましたが
脱水症状になっており点滴で徐々に回復。
脱水状態が回復したら何と!ヨロヨロ歩き出しました。
食欲も戻って来ており『飯くれワン!』と徐々に煩くなっており
日常に戻りつつあります。

長年一緒にいるのでペットというより家族になっており
今回の事はかなり焦りました。完治は難しいと思いますが
普通に居るのが幸せと改めて感じております。

まだ通院は必要ですが、一山超えたので
残して置こうと思い記事にしました。
検査費用 約115,000円 
お金は掛かりますが家族なので仕方ないですね。

元気に散歩するモカ(麻痺が出る前)
http://sbt-shuminoheya.com/wp-content/uploads/2019/08/MOV_0500.mp4

モカとチョコ
sbtをフォローする
趣味の部屋 バイク 車 パソコン キャンプ 気の向くままに・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました