クラウンアスリート18系 テールランプ修理

スポンサーリンク
クラウン

クラウンアスリート18系のテールランプLED切れはよくある故障の様です。

ネット検索してみると何故か左のテールランプの発生確率が高い様子。

我家のクラウンも以前、左のテールランプにLED切れが発生しました。

車検もあるので取り敢えず某オークションで点灯確認済のテールランプを

交換しました。

今回その時に外したテールランプの修理に挑戦してみました。

この写真は以前交換する前に撮影した物です。

左上が1カ所点灯していません。

 

テールランプの分解をしてみます。

ドライヤーなどで外周を軽く温めカッターナイフを入れていくと

簡単に外装レンズが外れました。

続いてクリアレンズを外します。

クリアレンズは爪で嵌っているだけなので爪の部分に細いマイナスドライバなどで

こじるとパカッと外れました。

クリアレンズが外れたら反射板の真ん中にビスがあるのでビスを外すと

下の様にLED基盤が外れます。

配線は平端子2本だけなので簡単に外れます。

 

この状態で点灯テストをしてみます。

やはり1つ点灯しません。

LEDはスポット溶接で止まっているのでニッパーで無理やり切り取りました。

同じLEDを探したのですが、全く同じLEDを見つける事が出来ず

形状が似ている物を用意しました。

形状的にスポット溶接は無理なので半田で無理やり取付しました。

LEDを1個交換してテストをすると何故か隣のLEDも点灯しなくなり

結局2個交換しました。

恐らく1カ所を外したまま何度か点灯テストをした為、過電流が流れて壊したと思われます。

写真では明るさが違うように見えますが現物は明るさに遜色なく同じ様に点灯しました。

後は順番に組立ててレンズはコーキングで接着しました。

これでストックパーツが出来ました。

尚、真似される方は自己責任でお願いします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました